100均のブルーシート、優秀だよ\(^0^)/

少しくらい水を通すだろうと思ってたんだけど……




少し前に、取った草を堆肥にしようと、畑に穴を掘って埋めました\(^0^)/
記事はこちら\(^0^)/――「取った草の処分の仕方2 腐葉土・堆肥を作るよ~


腐葉土・堆肥の作り方を調べたときに、ブルーシートを掛けると良いと書いてあったので、100均(ダイソー)で買ったブルーシートを掛けました\(^0^)/


腐葉土・堆肥を作るよ
これです\(^0^)/
「ブルーレジャーシート 約1.8m×約1.8m」\(^0^)/



イナカモノはブルーシートに雨が滲みるんじゃないかと疑ってました\(^0^)/



ビニールシートの雨避け効果
埋めた翌日に雨が降ったので、確認しました\(^0^)/



ビニールシートの雨避け効果 (2)
お。水が溜まってるよ\(^0^)/




ビニールシートの雨避け効果 (3)
じゃーん\(^0^)/

全然濡れてない\(^0^)/
疑ってごめんよ\(^0^)/




後日、夕立がきて、激しく降ったので、また確認したよ\(^0^)/


ビニールシートの雨避け効果2
前よりは濡れてる\(^0^)/
水がブルーシートの下に流れ込んだ模様\(^0^)/
この畑は、わずかに傾斜があるからね\(^0^)/





ビニールシートの雨避け効果2 (2)
ブルーシートは雨水を通していないみたいです\(^0^)/


優秀優秀\(^0^)/


ハトメも付いているので、使いやすいと思います\(^0^)/





追記


「 柿の実を自宅で処分してみるよ 」という記事に、100均(ダイソー)のブルーシートを使った様子を撮った写真をアップしたよ\(^0^)/
こっちにもアップするね\(^0^)/

さらに、「ブルーシートすごい!」ってなったよ\(^0^)/





ベタベタの熟した柿の実を処分するのに、ダンボール箱を使ったのですが、雨水に濡れないように、ブルーシートで箱を包みました\(^0^)/



柿の実の処分5
下から上へ包むのに一枚\(^0^)/





柿の実の処分6
上からかぶせるのに一枚\(^0^)/

合計二枚使いました\(^0^)/





柿の実の処分2日目
次の日、こんな感じに\(^0^)/
雨水が溜まっています\(^0^)/





柿の実の処分3日目1
ダンボールに付いている水分は、柿の水分です\(^0^)/
ベタベタの柿なので、ほぼ水分でできています\(^0^)/

詳しくは、「 柿の実を自宅で処分してみるよ 」をご覧ください\(^0^)/

100均(ダイソー)のブルーシートは薄手なのですが、ちゃーんと雨水を防いでくれます\(^0^)/
雨水を通しません\(^0^)/



雨水を通さなかった様子は、「 堆肥作りのために草を埋めてた所を掘り起こしたよ 取った草の処分の仕方6 」の記事でもご覧いただけます\(^0^)/






追記 その2



柿の実の処分14日目2
もっと雨が降ったときには、こんなになっちゃいました\(^0^)/

ほんとに水を通さないですね\(^0^)/

優秀優秀\(^0^)/







クリックするとAmazonへいきます\(^0^)/




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルーシート 180×180cm ハトメ付
価格:108円(税込、送料別) (2017/5/11時点)


クリックすると楽天市場へ行きます\(^0^)/