ネズミを退治しました。

先月の終わり頃に、キキョウの根をクマネズミに食べられた話を書いたんだけど、そのあとでネズミ捕りを仕掛けたらすぐにネズミが引っかかった。



ネズミ捕り ブック型
使ったのは、これ。

粘着剤が付いた紙製のもの。
ブック型っていうのかな?




ネズミらしき音が聞こえ始めたのは、風呂と脱衣所の周辺の壁あたりでした。
いつ頃だったか……。夏より前だった。5月くらいだったのかなぁ…。

嫌だなぁ…とは思ってたけど、進入路が分からないし、的確に対処できないと思ってて、放置してました。
殺すのも嫌だし…。

音がする日もあれば、しない日もあったけど、8月に入った頃から、毎日のように天井とかから物音がするようになった。
時には激しく走り回る音もしてました。

そのうち、台所でフンを見かけるようになって、家族が夜遅くに勝手口から入るとネズミが驚いて逃げる姿を目撃したりするようになりました。

さすがに我慢できなくなって、ネズミ退治に動くことにしました。


前回、殺鼠剤(デスモア・プロ)を仕掛けたら、弱ったネズミが台所に出没して、それを見るのがしんどかった。
なので、今回は、ネズミ捕りを使うことにしました。

でも、前回、殺鼠剤を使ったのは、ネズミ捕りに引っかかったネズミを見たくないからという理由だったんですがね…。




で、我が家の場合、台所への進入路は分かっていました。
どこからでも入って来られるけど、ネズミは一か所から出入りしているようでした。

勝手口のたたきのところと座敷に上がるところの間に、隙間があるようなんです。
構造上、人間が覗いてもちょうど見えない部分に。

それが分かっていたので、その進入路の真下にネズミ捕りを仕掛けました。


ネズミ捕り1回目。
夜、11時頃仕掛けたのですが、0時頃には、もう引っかかっていました。

スピード捕獲にびっくり。

ネズミは逃げようと動いていて、ネチャネチャ音がしてました。

それを見たら、やっぱり辛かった。

次の日がゴミの日だったから仕掛けたのですが、明日の朝のことを想像すると、どんどん悲しくなりました。




でも。

その日の夜。

また、天井で物音が……。


やっぱり台所に出てきてるようだったので、ゴミの日の前の夜、同じところにネズミ捕りを仕掛けました。

翌朝、最初に家族が見て、「まだめっちゃ動いとる」って言ってました。
チューチュー鳴いてました。

前より大きなネズミでした。




でも。

その日の夜。

冷蔵庫の周辺で物音が……。

「もう嫌だ……」

放置してる間に、きっと子どもを産んでたんですね…。

またネズミ捕りを買ってきて、同じ場所と、冷蔵庫横の棚の下に仕掛けました。

夜、冷蔵庫周辺でドタドタッという音が聞こえました。

しばらくして、冷蔵庫横に仕掛けたネズミ捕りを恐る恐る覗いてみると、ネズミが引っかかっていました。



でも。

次の日の夜。

冷蔵庫のあたりでネズミがいるような音がします。

一体何匹いるのかと、悲しくなってきました。

次の日、ゴミの日はまだだったけど、冷蔵庫の横にネズミ捕りを仕掛けてみました。

そうしたら、次の日の朝、引っかかっていました。

今までで一番大きなネズミ。
明らかに大きい。

一番最初に捕まったのが、一番小さかった。
まだ子どもだったのかもしれません。




ここまでで4連続・4匹のネズミが捕まりました。

進入路が分かっていた場所だったので、こんなにスムーズに捕まったのだと思います。

最後のネズミが捕まってから、今のところ、天井を走る音は途絶えています。

台所に出た形跡もありません。

ネズミ捕りを使い切ったので、今はネズミ捕りを仕掛けていません。

これで終わってくれたらいいのですが……。



悪さをしなければ別に退治しなくてもいいのですが、衛生面の不安もありますし、家にネズミがいると、どうしても退治しなくてはならなくなります…。

放置していたら、フンだけでも大変なことになります…。
久しぶりに掃除をする場所などは、見るのも恐ろしいです…。


ほんと、もう、家には入ってきてほしくないです……。





【関連記事】

★ 「 キキョウの根をクマネズミに食べられる… 」 

★ 殺鼠剤を使ったときの話(ネズミの写真があるので注意)
 ⇒ 「 長く一緒に暮らしたネズミを追い出した 」